報連相

上司との面談で使える話のネタ3選|いつも話すことがないと悩む人へ

悩む会社員

定期的に上司との面談があるんだけど、話すことがないんだよなあ。

せっかくの上司と一対一で話す機会があるのに、自発的に話さないのはもったいないです。今回は、上司との面談で話しておきたいことを紹介します。

わーくん

この記事はこんな人にオススメです

  • 「上司との面談で話すことがなくていつも困っている」

通勤時間で仕事力向上!?

社会人の約6割は月一冊も本を読まない。って知っていましたか?

でも「仕事ができる」ようになるために「読書」で先人の知恵を頂かない手はありません。

ただ通勤中の読書って、周りが気になって集中できないですよね・・・

そこで活躍するのが本の朗読サービス「Amazonオーディブル」

気になる本を選んで再生ボタンを押すだけ。通勤中も周りを気にせずに本の内容に没入できます。聴くだけなので、車通勤中だって問題なし。

毎日の積み重ねが重要です。無料体験もできるしリスクゼロ。今から始めてみては?

30日間無料体験可能

Amazonオーディブルの公式ページはこちら

※いつでも退会できます

上司との面談で使える話のネタ3選

上司との面談で使える話のネタ

冒頭の悩める会社員のように、上司との面談で話すことがなく困っていませんか?

上司との面談というと、期のはじめに立てた業務目標の達成状況について話すのが基本でしょう。

問題はその後。

最後に、他に何か話しておきたいことはありますか?

上司
悩む会社員

い、いえ、特にありません。

こんな答え方をしていたら、もったいないですよー!!

上司と一対一で腰を据えて話す機会なんてそんな多くないはず。

だからこそ、自分のためになる質問や話をしてみることをお勧めします。

それでは、早速上司との面談で話したいことを挙げます。

上司との面談で使える話のネタ3選

  • 自分の仕事っぷりを聞いてみよう
  • 日々の不満や改善要望を打ち明けよう
  • 上司の本音を聞いてみよう

それでは、それぞれ詳しく解説します。

1.自分の仕事っぷりを聞いてみよう

上司からの評価、気になりますよね?

そこで、今の自分の仕事っぷりに対する評価を聞いてみましょう。

もちろん面談で上司のほうから言われるかもしれませんが、面談は基本、「仕事の成果に対する良し悪し」が話の主題になることが多いでしょう。

あなた個人に対する、「人としての評価」を言ってくれる上司はそう多くありません。

個人に対する評価は、相手を傷つける可能性がありますからねー。上司も嫌われたくないと思っているでしょうし。

だからこそ、こちらから聞くんです。

こちらから聞けば、正直に答えてくれる上司がほとんどだと思います。

評価が良かったら?

思い切って自分の評価を聞いてみて、良い返答が来たら嬉しいですよね!

でもそれで満足してはいけない。

褒められたところはさらに伸ばしていくとして、

今後の自分に期待されていることを聞いてみることをオススメします。

「今後の自分」

それはつまり今の自分には無いもの、言い換えると今の自分に不足していること。

「自分に足りないものは何か?」

これを聞き出すことでさらなる成長のチャンスを手に入れることができます。

評価が悪かったら?

自分の仕事っぷりを上司に聞いた時、悪い評価だった場合は、どうすれば改善できるかを徹底的に聴き出します。

評価が良くなかったからといって、悲観する必要なし。

改善点が明確になれば、成長のチャンスが掴めたということだから。

今後は改善できるよう行動を変えていけばそれでOKです。

2.日々の不満を打ち明けてみよう

日々フラストレーションが溜まっていることはありませんか?

そんな日々の不満が自分の影響範囲内では解決できない場合、上司との面談でぶつけてみるのも良いと思います。

遠慮する必要はありません。

上司は部下に成果を出させるのも仕事。成果を出させるために、仕事へのモチベーションは必須。

つまり上司は部下にモチベーション維持のために働きかけるのも仕事の一つなんですね。

あわせて読みたい

3.上司の本音を聞いてみよう

普段の仕事に対する考えを聞き出してみましょう。

例えば

  • 今の自分達の部署に対して思っていること
  • 今動いているプロジェクトに対する考え
  • 上層部の方針に対する考え

などなど。

フレンドリーな上司ならまだしも、こういうことって普段なかなか聞けないですよね?

いざ聞いてみると、ネガティブな意見、ポジティブな意見、様々出てくるでしょう。

仕事に対する上司の本音を聞き出す目的は、「上司と自分の考えのギャップ」を知ること。

例えば、

「今の部署は働き方を変える必要がある」と上司が考えているなら、今後業務改善の提案には積極的に乗ってくれる可能性が高いです。

「上層部の考えは正しい」と上司が考えているなら、自分が上層部の考えや不満を持っていても、聞き入れてくれない可能性が高いです。

「上司の本音」を押さえておくことで、上司の行動を予測した働きかけがしやすくなるのです。

面談で話すことは事前に準備しておこう

面談で話すことは事前に準備しておこう
悩む会社員

面談終わったー。あ!あれ話しとけば良かった・・・

こんな感じで、面談後に話したかったことを思い出して後悔した経験、誰でもありますよね?

そうならないためにも、面談で話すことは事前にメモって面談に持参することをお勧めします。

「話したいことは固まってるから、大丈夫!」

とメモを持参せずに面談に臨むと、いざ話すタイミングで思い出せなかったり、話すこと自体忘れてしまったりするものです。

わーくん

上司との面談は、多少なりとも緊張感があるものですからね。

まとめ

まとめ

今回は上司との面談で話すことがないなー、、、と困っている人に向けて対策を書きました。

対策を以下にまとめます。

ポイント

  • 自分の評価を聞いたり、現状の不満を打ち明けてみよう!
  • 部下のモチベーションを維持するのも上司の役目。自分のモチベーションに関わる話なら遠慮せず話してOK!
  • いざ面談となると話すことを忘れるから、事前にメモって持参!

いかがでしたか?この記事を読んで、次の面談で話すことのイメージが湧いたら嬉しいです。

わーくん

私も定期的に上司と面談をしていて、そこでは結構現状の不満や改善要望を打ち明けていますよ〜。

1on1だからこそ、上司も真剣に聞いてくれますし。

まぁ、でも伝えた不満や改善要望は反映されないことが多いですけどねー。それでも良いんです。言わなければ現状が変わることは絶対ないんですから。言ってもマイナスになることはありません。

だったら思い切って話した方が良いですよね!

今回は以上です。

-報連相